人気ブログランキング |
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:空港のお話( 9 )
ヒースロー第5ターミナル
先日ここでもお伝えした、
来年2008年3月に予定されている
ロンドンヒースロー国際空港の第5ターミナルの
グランドオープンですが、
一度にすべてのブリティッシュエアウェイズ便が
第五ターミナルに移動するのではなく、
3回以上に分けて段階的に第五ターミナルへの
便の移行が進むようです。

現在、ブリティッシュエアウェイズは、
ヒースロー空港のほとんどのターミナルから
便を運行していて、マイアミ便だけ第3ターミナルだったり、
ほぼ自社専用の第4ターミナルがメインであるものの、
日本線などの長距離便の一部は第一ターミナルだったりと、
なかなか複雑です。

ですから、場合によっては乗り継ぎがものすごく大変だったり
するのが現状です。

それを打開するために第五ターミナルへの
移行が進められるのですが、
どうも最終的にも100%のブリティッシュエアウェイズ便が
第5ターミナルからの発着とはならないようなと
いう話もあるようです。

ブリティッシュエアウェイズは、
世界でも有数の巨大エアラインです。
それだけターミナルを一箇所に集めるのは
大変なのかもしれませんが、
それを一箇所に集めて利便性を向上させると、
よりいっそう評価も高まるのかなあと思います。
by uppersky | 2007-04-13 01:27 | 空港のお話
成田五番街OPEN
先日、4月9日、成田空港第二ターミナルに新しい
免税品店街がOPENしました。

その名も「成田五番街」

先立ってOPENしていた第一ターミナルの
「成田NAKAMISE」と同等のサービスが
提供されるように、第二ターミナルに設置された
免税街です。

内容は、ブランドショップや、
その他の免税品店が並んでいますが、
まあまあきついことを言えば、
やっと世界基準に追いついたというくらいでしょうか。。

昨年の第一ターミナルの改修の終了で、
第一ターミナルはすっかり新しくなったものの、
その影で第二ターミナルの施設の古さと不便さが
際立っていました。

これから数年をかけて少しづつ改修が進められて
行く予定ですが、
ソウルのインチョン空港や、シンガポールのチャンギ空港には
まだまだ届かないかなあと。

観光立国を目指す日本であれば、
その玄関となる空港をしっかり整備して、
航空会社にも乗客にも評判のいい使い勝手の
いい施設を用意していただきたいなあと思います。

成田空港では、一般からモニターを募集して、
アンケート等を実施し、これからの改善につなげると
いうプランを持っているようですが、
何処まで空港会社側が一般の声に
耳を傾けてくれるかが注目点ですね。。。。
by uppersky | 2007-04-11 16:13 | 空港のお話
成田空港の航空会社再配置
正月休みもやっと終わりまして、
一年でチケット代がすごく安くなる1月中旬~下旬になってきましたが。

そんな中で、成田国際空港では航空会社の配置転換が
行われます。

昨年のスターアライアンスの第一ターミナル南ウィングへの集結に続いて、
ライバルのワンワールドが第二ターミナルへと移動していきます。
日本航空がワンワールドに正式加盟することが決まっていますが、
それに連携してアメリカン航空と、キャセイパシフィック航空が
第二ターミナルへと移動となります。

新しいラウンジなどが楽しみですが、
利用者としては、古さが目立つ第二ターミナルよりも、
今までの第一ターミナルの方がうれしかったような。。。。。
今まで早ければ到着から15分で到着ロビーに出ることも
可能だった第一ターミナル北ウィングでしたから、
第二ターミナルの悪名高き黄色い電車などが、、、、気になりますね。

先ほど、ワンワールドが第二ターミナルへ集結と書いたのですが、
実は、スターアライアンスのように提携のエアラインのほとんどが
集まるということにはならなそうです。
ブリティッシュエアウェイズ(英国航空)とフィンランド航空は
今のまま第一にターミナルにとどまる様子です。
これは、各社の共同運航や、使用している滑走路の影響が
大きく、、、ブリティッシュエアウェイズなどには、第二ターミナルへの
移動がさほど魅力的ではないのでしょう。(なんとなくわかります。。。)

兎に角、今年中にはコンチネンタル航空が第一ターミナルに
移動しますので、
ほぼ、アライアンスごとに使用ターミナルが分かれることになります。
また少し、世界の基準に近づける成田国際空港ですね。。。
(世界基準まで大分遠い気もしますが、一歩一歩が大切ですから)

そして、ご利用の皆様、
ターミナルはお間違えのないように。
by uppersky | 2007-01-09 01:22 | 空港のお話
成田空港 滑走路の拡張工事着工
やっと、着工だそうです。

これで、数年後には、成田空港に2500メートルの
とりあえずジャンボ機(長距離の離陸は不可)の発着が可能な
滑走路が誕生します。

今ある暫定滑走路は、2180メートルしかありません。
これは、国際空港としては短いもので、安全を考えジャンボは使用できませんでした。
2002年のサッカーワールドカップにむけて急いで作ったものだから、
周囲にまだ家も畑もあり、多くの問題を生んでいます。

滑走路が2500メートルになれば、とりあえずはジャンボ機(長距離便の離陸は不可)
も使用できるようになり、発着便数も増え、利便も良くなると考えられます。

しかし、それでも周囲への騒音問題は残り、
成田の本当の意味での完成はまだまだ先かもしれません。

国は、羽田空港を再国際化する方針ですが、
成田への遠慮か、近距離便に限るなどといっていますが、
両者をライバルにし、お互いが利用者を確保するよう努力させてこそ
本当の意味でいい空港が生まれるのではないでしょうか?

羽田は24時間空港という利点をいかして、
深夜発の長距離便を運行するべきでしょう。
世界的に見て、22時が最終の国際線出発の成田はなかなかおかしなものです。

例えば、香港やシンガポールは、23時以降からヨーロッパやアメリカへの
出発便が多数飛び立ちます。
この時間に出発すると、現地に早朝であったり、夜であったり、
いい時間に到着できるからです。

今の成田では、深夜運行は無理ですから、
羽田がこれを担ってもいいのではないでしょうか?

空港の運用に関しては、日本はもっと改善できる点が多くあります。

古臭い考え方でなく、斬新な見方で、
東京の玄関、日本の玄関が、もっと大きくすばらしいものになればと思います。
by uppersky | 2006-09-11 00:00 | 空港のお話
バンコク新空港 スワナプーム
さて、やっと開港の日にちが決まったバンコクの新空港。

来月9月28日にいよいよ全面開港となるようです。
(9月15日より国内線が数本運行開始)

紆余曲折もいいところと言わんばかりに
開港がどんどん先に伸びたこの大空港です。

近代的な設計のターミナルには、タイの伝統の美術も生かされています。

アクセスの予想されたほど悪いものにはならないようですし、
利用者の期待は高まります。

現在のバンコクドンムアン空港は、
「東南アジアの喧騒、混沌」という言葉が似合う数少ない大空港だっただけに、
この空港がなくなるのもなかなか寂しいものがあります。

できれば、最後にドンムアン空港に降り立ち、新空港から帰国という
旅程で、偵察に行きたいと思ってるのですが。。。

これで、マレーシア、シンガポール、香港、韓国などにつづいて、
近代的な建物の空港がタイに整備されることになり、
アジアトップクラスの観光大国にとって更なる弾みになることでしょう。

さて、新しいターミナルが完成しているものの、
いまだに使われないマニラのニノイアキノ空港の第3ターミナルの開業はいつ?
by uppersky | 2006-08-31 00:01 | 空港のお話
成田空港 南ウィングの新機能
では、具体的に、何が新しいのか???って
きっと疑問がある人も多いですよね。

何が便利なのか。

便利①   乗り継ぎが楽になった!

今までは国内線は第二ターミナル発着だったために、
ANAの国内線で成田について、同じアライアンスの
スイス航空の便に乗り継ぐとなると、
いったん第一ターミナルに移動が必要だったのが、
最終的には、同じアライアンスは
同じターミナルに集約される成田。
ANAからスターアライアンスの国際線への乗り継ぎが
ものすごく楽になったわけです。
乗り換え時間も、世界標準に短縮され。
地方~成田~海外はもとより、海外~成田~海外という
外国人乗り継ぎ客も使いやすくなったのです。

便利②  チャックインが楽。
  
自動チェックイン機が大量に導入されて、旅なれた方は、
自分のペースでチェックイン(搭乗手続き)が
できるようになりましたし。
チェックイン前の荷物検査が無くなり(チャックイン後に実施)、
重い荷物を持ち上げてX線検査機に乗せる手間も省けたし、
何より、カウンター周辺がすっきりしました。広々です。

便利③  ANA到着ラウンジ

これは、ANAに限ったことですが、
いまや一流航空会社の基地空港には
必ずといっていいほど設置が進んでいる、
到着ラウンジが設置されました。
利用条件は、ANAのファーストとビジネス旅客と
ANAのマイル上級会員のみ。
早朝到着や、長距離便の後は、
そのまま帰路というよりも、シャワーでさっぱりしたり、
軽くお茶でもしてリラックスして帰路に着きたくなきですか?
     
ここでは、簡単に3つの特徴をあげてみました。
とっても便利になった!と大々的に広告されますが、、、、
実は、やっと世界基準に近づいた。。。。。。ってことなんです。。。
世界には、本当に便利な空港がたくさんありますから。。。。。。。
     
by uppersky | 2006-07-05 00:49 | 空港のお話
成田空港 第二ターミナル。
昨日の話題に引き続くのですが。

第一ターミナルが華々しくOPENした影で、、、、
第二ターミナルが、、、、、、

まあ、第二ターミナルがOPENしてから、だいぶ立つわけですよ、
10年以上。
まあ、結構ひなびてるといいますか。。。。。。。

JALグループが残留してますし、これから改修が進められて、
年末には、キャセイやアメリカン航空のワンワールド系が移転してきますが。
どこまで第一ターミナルの設備に追いつけるか。。。。。

ここ10年で航空業界もだいぶ進歩してますから、
10年前の建物を改修して、いかに進んだ施設にできるか。。。。それが問題。

まあ、今までの朝や夕方の第二ターミナルの混雑が緩和されるだけでも大きな進歩ですが。。

第一ターミナルが華々しく注目を浴びる中で、
これからどう進歩するのか第二ターミナル。

日本の空港としては珍しく黒字を出す成田空港ですから、
ケチらずびっくりするようなすごい改修期待してます!
by uppersky | 2006-07-04 00:00 | 空港のお話
成田空港 南ウィング
f0059796_123466.jpg


もうそろそろ一ヶ月がたちますが、
やっと成田空港の第一ターミナルが完成しましたね。

今までの中央ビルと北ウィングだけの中途半端な形でなく、
完全体として第一ターミナルが完成!

テレビのコマーシャルでももうご存知でしょうが、
ANAをはじめとして、スターアライアンスの各社が移転してきました。

僕自身も、スターアライアンスユーザーとしては、
もううれしい限り。新しいロビーにラウンジ。
もうそりゃあわくわくするわけですよ。

ここで、ニュースやら雑誌で取り上げているような情報を伝えても面白くないわけで。

ちょっと変った点から、今回の成田空港の進歩とそれによる各種影響を伝えてみようかなあと。

初日の今日は、
「行き先によってはものすごく便利!」ってことです。

ANAが第一ターミナルに移ってきたことで、
目的地によっては、ほとんどの便が第一ターミナル発!なんてこともあるんです。

たとえば、香港。
第一ターミナルからは、 ANA ユナイテッド ドラゴン航空 ノースウエスト キャセイ
第二ターミナルからは  JAL のみ。。。。

ソウルも
第一ターミナルからは、 ANA ユナイテッド アシアナ ノースウエスト 大韓航空
第二ターミナルからは  JAL のみ。。。。。

そんな路線が結構あるんですよ。
シンガポールもそう。
ロサンゼルスも、ロンドンも、パリも、フランクフルトも。。。。。。。
ビジネス需要の多い路線が多い。。。。。

通常の旅行なら、航空会社の決まったチケットを買ってから、
空港に行きますから関係ないんですけどお。
ビジネスマンや、急用で予約もせずに空港に向かわざるを得ない方には、

  「とりあえず第一ターミナルにいっとけえ!」的なことが可能になりました。

成田は、ターミナル同士がかなり離れているため、
どっちかに間違っていったら大変ですからね。。。。。。
 

今年後半から、いくつかの航空会社が使用ターミナルを変更しますが、
それまでの間、第一ターミナル優位が続くようです。。。。。
by uppersky | 2006-07-03 00:03 | 空港のお話
チャンギ国際空港 考察
さて、体調不良からどうにか回復傾向です。
数日更新ができず申し訳ありませんでした。

復活一日目は、
世界でも有数の大空港 シンガポール・チャンギ国際空港について。

このチャンギ空港、アムステルダム・スキポール空港・そして香港国際空港が
世界でもTOPクラスと称される空港ですが。

その中でもチャンギ空港の名声は有名です。
出国審査を過ぎたエリアに、ホテルや無料の映画館、プールにスパ、
そして庭園。また内装も最近改装が終わり、現代的なデザインが随所に見られます。


広いロビーに、高い天井のチェックインエリア。
到着ロビーが、ここまで明るい空港はなかなかありません。
また、出発客と到着客が同じ階を利用することで、
到着客もすべての施設を利用できますし、
乗り継ぎで通常必要な、到着階から出発階への面倒な移動もなしです。

シンガポール航空とともに、東南アジア一のハブ(基地)空港として機能しています。

日本からも、乗り継ぎでチャンギ空港を利用された方も多いでしょう。
その施設の充実振りには圧倒されます。

ここ最近では、格安航空会社専用ターミナルの完成。
そして、今年後半には第3ターミナルの完成が控え、
更なる発展が計画されています。

デザインや、緑の配置にもこだわり、
緑の多い、くつろげる空港を作り上げたシンガポールです。
機械的で冷たい印象の成田空港も見習ってもらいたいものです。。。。。
by uppersky | 2006-05-26 00:00 | 空港のお話
トップ

元客室乗務員(現個人英会話教師)がお届けするブログです。
UPPER SKY公式サイト
http://www.upper-alliance.com/uppersky/
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
飲茶をいただき、広東を想う
from Boochanの宝探し
欧州最大の喫煙天国ドイツ..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
スターフライヤー、羽田=..
from The Highest Sk..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
香港国際空港ターミナル2
from TEPPEI 101
花より男子2・最終回のネ..
from 花より男子2・最終回のネタバ..
728207 Blog ..
from 728207 Blog Ve..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧