カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:客室乗務員への道( 38 )
CX キャセイパシフィック航空 面接のこつ
いよいよCX キャセイパシフィック航空の面接ですね。

受験者の皆さんは緊張していらっしゃると思います。

キャセイの攻略のこつを言うと、

「柔軟に対応。 どんな話題にも合わせることの出来る
 万能な人間性と知識」

がんばってください!


河本ゆう一
by uppersky | 2008-03-25 00:53 | 客室乗務員への道
履歴書の送付について
客室乗務員試験の第一歩が
履歴書の送付です。

履歴書の内容に関しては、
みなさまそれぞれにお伝えさせていただいておりますが、
先日生徒さんのお一人からこんな質問をいただきました。

「募集が出る前に履歴書を送ってもいいのでしょうか?」

客室乗務員を目指される方なら解ると思いますが、
いつ出るか解らない募集にやきもきして、
募集が出てないけれども、
履歴書を送ってしまおうかと思われたことって
あると思うんです。

この質問のお答えとしては、
「そのエアラインによります」としか
お答えできません。

しかし、日本に住んでいらっしゃって、
日本支社へ履歴書を送るとなるのですから、
あまり募集が出る前に送付するのはお勧めできません。

外資系といっても、かかわっている方々は
日本人ですから、日系企業へのマナーを
適用すべきだと考えます。

下手をすれば
募集要項等を守れない方だなと
良くない印象を与えかねませんから。

エアラインの中には、
そのあたりをとても柔軟に考えている
会社もありますが、
あまりお勧めできません。
一種の賭けのようなものになりますから。

ですので、受験者の方々には、
募集が出るまでしっかり待って、
要項をしっかり理解して履歴書の作成、
送付を行なっていただきたいと思います。
by uppersky | 2007-11-05 10:51 | 客室乗務員への道
JAL新卒採用に合格者!!
うれしいニュースが入ってきました。

UpperSkyでサポートさせていただいた方が
日本航空客室乗務員新卒者採用試験にて
見事合格されました。

「おめでとうございます!!」

自分の合格のようにうれしい出来事です。

後に続く皆さんにも
しっかりとがんばっていただいて、
ここで発表できるようにがんばっていただきたいです!!
by uppersky | 2007-06-02 01:32 | 客室乗務員への道
最近目立ってきた ビジネスジェットのCA
ここ最近、客室乗務員の募集で目にするように
なってきたのが、ビジネスジェットを運行する
航空会社の募集。

以前は、日本ではなかなか目にすることがなかった
エアラインですね。

世界的な流れと、セレブ嗜好も相まってか、
日本でも少しづつビジネスジェットが
知られるようになって来ました。

今もすでに数社が日本での
ビジネスジェットエアラインとして存在しています。

その経営は、アメリカのように順調というわけでは
ないようですが、これから知名度が上がるに連れて
状況は変わってくるかも知れません。

通常のエアラインとこのビジネスジェットエアラインの
CAの違いは何か。
ビジネスジェットではお客さますべてが上級クラスの
乗客としてもてなされます。
それには、CA希望者自身に通常以上の経験が
要求されます。
ですから、これらのエアラインのCA募集では
必ずといっていいほどCA経験者対象となるわけです。

新卒で目指す方はいらっしゃらないと思いますが、
大手のエアラインとは違った経験も出来ますし、
よりパーソナルで、しかししっかりとした距離感を
とりつつ、自分自身でサービスを作り上げてゆく
というビジネスジェットのCAは、きっとすばらしい経験に
なると思います。

一般のエアラインだけでなく、
こういったエアラインも目標の一つにされても
いいのではないかと思います。
by uppersky | 2007-05-07 23:40 | 客室乗務員への道
新卒採用 エントリーシートの期限迫る!
さて、ANA・JALとも
エントリーシートの提出期限が迫ってきてますね。

間に合っていますか??

いまとなて焦っている方もいらっしゃると思いますが、
焦らず、しっかり気持ちをこめて、
字の綺麗汚いよりも、心が篭っているかどうかが
大切です。

内容に不安のある方は、
今からでも即無いですから、
uppersky@upper-alliance.comにお問い合わせください。

大切なことは、しっかり焦らず心をこめてですよ!

気を抜いた履歴書、エントリーシートは
一目でそれとばれてしまいますから!!
by uppersky | 2007-03-19 16:40 | 客室乗務員への道
履歴書 面接と。。。。
客室乗務員を目指す方の多くが、
その受験の倍率に一度はびっくりすると思います。

実質の倍率を計算するのはなかなか難しいのですが、
10~20倍で済む話ではないのは皆さんご存知だと思います。

そんな受験ですから、難関といわれても仕方の無いことですが、

が!

その言葉で緊張したり、
焦ったり、、、、
そんな受験者の方を多く見かけます。

それ焦りと必要以上の緊張感は、
何の役にも立ちません。

一番大切なのは、
そういった感情をしっかり自分でコントロールできること。

焦りだしたらそれに気がつき、一息ついてみる。
緊張しすぎたら、それを改善する。

焦りと緊張は、自分勝手な感情です。
それを持ち続けると自分勝手な履歴書と
自分勝手な緊張を持って面接に向かうことになります。

受験するのはあなたですが、
それを審査し、採用するか否かを決めるのは別の方。

その方に本当の自分をしっかり見ていただくには、
しっかりと自分をコントロールして、
必要以上の焦りと緊張を取り除きましょう!
それから履歴書を書いたり、面接に向かいましょう!
by uppersky | 2007-03-16 00:11 | 客室乗務員への道
男性の客室乗務員受験
ここのところで、
ルフトハンザ航空、フィンエアーなどなど
数社の募集があり、しかも男性の採用歴が
ある会社ですので、男性の受験者の方も
書類作りに時間を費やした方も多いと思います。

客室乗務員受験となると、
どうしても女性がメインになってしまって、
男性の方は、肩身が狭いというか、
なかなか大変な部分も多いですし、
面接会場では男性が少ない分、
目立ちますから、他の受験者よりも不利に
働くこともあります。

そんな男性受験者をもっとサポートできたらなと
思ってはじめたこのUpperSkyであります。。。

もちろん女性の方にもしっかりとお教えいたしております!

男性ならではの悩みもありますので、
その辺をカバーしつつ、しっかり進んでいただければ
なあと思っています。

ここでひとつアドバイス。
男性は、そこにいるだけで目立つ社会です。
あまり目立つ行動はしないこと。。。。
これ結構大切だったりしすので、
男性の受験者の皆さん、心に留めておいてくださいね。。
by uppersky | 2007-03-05 22:40 | 客室乗務員への道
客室乗務員試験へ
新卒でも、既卒でもいま結構忙しく
受験対策をされていると思いますが、
特に新卒の方、受験経験の少ない方に
一言。

受験を自分中心で考えないことです。

自分中心で考えると、
面接官の目は自分に向いているとか、
履歴書等も隅から隅までみられる。。。と
大きな勘違いを生みます。

試験管・人事課の方の数と
受験者の数を比べてみてください。
受験者の数は何千~です。

自分中心になるわけが無いんです。

そう考えると、
少し心にも余裕が出て、本来の
すばらしい部分が出てくるように
なるんです。

受験で大切なこと、
「自分中心だと思わないこと!」です!
by uppersky | 2007-02-26 09:16 | 客室乗務員への道
客室乗務員の英語力
再来年度の新卒の採用試験が開始されたり、
エミレイツ航空、ルフトハンザ航空等の外資系の
エアラインの募集が開始されたりと、
いろいろと客室乗務員を目指す方も
忙しくなってきていると思いますが、
その中で、英語力について今日はお話します。

客室乗務員というと、英語がしゃべれるという
一般的なイメージがありますが、
実際は英語力に自信の無い客室乗務員の
方も多いですし、
日系のエアラインなどでは、ネイティブの
方には通じないだろうという英語を話される方も
多いのが現状です。

では、英語力は必要ないの?なんて
質問も上がってきそうですが、
英語力は必要です。

あるにこしたことはないですし、
英語力、他の語学への知識や経験が
あればあるほど自分の魅力の一部に
なることが多いですから。

UpperSkyとして目指すのは、
出来る限りネイティブの方に
すんなり聞いていただけるような英語を
話せるようにすること。

残念ながら、日本人の英語はネイティブの方には
聞きにくい発音になりがち。

英語は英語で考える、
日本語は持ち出さない。

これが重要です。

もちろん長い年月がかかることなのですが、
英語に自信を持ち、ネイティブの方と
普通に会話が出来るようになると、
外資系エアラインの面接でも
今までよりもストレスを感じなくなると
思います。

特に新卒の方は勉強することが
多いと思いますが、英語も手を抜かずに!!
by uppersky | 2007-02-19 13:18 | 客室乗務員への道
客室乗務員になる為に。。。
今日は客室乗務員についての話題です。

最近では、多くの方から
客室乗務員受験のためのカウンセリングの
ご依頼をいただき、本当に感謝しております。

そんな中で、一つとても気になることがあります。

受験者の方の自主性が弱いということです。

不安なのはわかります。
しかし、何をするにも僕に質問して、
その答えで行動を起こしたり、
書類を作成したりするようでは困ります。

そもそも、受験するのが誰なのかを
もう一度しっかりと自覚していただきたい。
受験するのは僕ではありません。
もちろん面接に出向くのも僕ではありません。

面接でしっかりと自分の意見を伝えるには、
最初から自分自身でことを進めなくては
なりません。
カウンセリングはそのヒントでしかないのですから。

そして、もう一つ、結果を急がない。
合格という結果を急いだところで、
よい結果が手に入ることはまれです。

自分自身でしっかりと地固めをして
万全の準備をして試験に向かう。
それが一番の近道です。

この記事を読んでいただいてる方の中には
どきっとされた方も多いと思います。
その気付きは大切ですよ。
今からだって遅くはないのですから、
しっかりと地固めをしてください!
by uppersky | 2007-02-09 23:54 | 客室乗務員への道
トップ

元客室乗務員(現個人英会話教師)がお届けするブログです。
UPPER SKY公式サイト
http://www.upper-alliance.com/uppersky/
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
飲茶をいただき、広東を想う
from Boochanの宝探し
欧州最大の喫煙天国ドイツ..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
スターフライヤー、羽田=..
from The Highest Sk..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
香港国際空港ターミナル2
from TEPPEI 101
花より男子2・最終回のネ..
from 花より男子2・最終回のネタバ..
728207 Blog ..
from 728207 Blog Ve..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧