人気ブログランキング |
カテゴリ
以前の記事
<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
3月1日から・・・・・
ニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、
3月1日から、国際線の機内持ち込み荷物の規制が
厳しくなります。。。はい、例の液体規制です。。。。

事の発端は、ロンドンでのテロ未遂事件。
あの事件以来、英国発着、アメリカ発着、
そして最近のEU発着路線で、厳しい液体物の
持ち込み規制が続いていましたが、
いよいよ日本でも国際線全便に適用されます。

3月1日以降にご出発の方はご注意ください。。。。

100mlまでの液体は、
小さな容器に入れて、さらに透明な
プラスチックの袋に入れて、
手荷物検査を受ければ問題ないのですが。
目薬、化粧品、うがい薬等、
結構液体物って多いんですよね。。。。

手荷物検査を抜けた後の、
免税品店などで買ったものについては、
機内への持込が可能なのですが、
ここで一点注意しないといけないことがあります。

免税品に関しては、
手荷物検査を抜けた後で買ったものは
機内に持ち込み可能なのですが、
それはあくまでも成田ないし日本の空港発の
便への持込が可能なだけ。
海外で乗り継ぎの予定のある方は、
乗り継ぎ地でもう一度同じ規制が適用される為、
日本の免税店で購入し、
日本発の機内に持ち込んだ液体は、
経由地で没収される危険性があるんです。

乗り継ぎ地の係員等にも夜と思いますが、
英国やアメリカで乗り継ぎの方は、
お酒や化粧品の液体は日本では買わないほうが
安全かなあと思います。

どうしてもという場合は、
乗り継ぎ地や機内の免税品販売で購入されることを
お勧めします。
(機内免税品も乗り継ぎの最後の便で。。。。)

空港での混雑を避けたり、
係員との問答を避けるためにも、
荷造りの段階でしっかりと用意されることをお勧めします!
by uppersky | 2007-02-28 23:33 | 日々の一言
Japan Timesの記事より
昨日のJapanTimesの記事に面白い記事が
ありましたので、それについて。

記事によると、
航空会社のロサンゼルス離れが進んでいると
いうもの。

ロサンゼルス国際空港LAXといえば、
アメリカ西海岸一の国際線発着空港。

それが、ここ数年、
路線の減少等、座席提供数が減ってきていると
いうもの。

事実、東京からロサンゼルスへの座席提供数も
ここ数年減っています。

それには、燃料費高騰により、
燃費のいい航空機を導入したり、
ジャンボ機(B747)のような大型機でなくても、
長距離を飛べるようになり、
機材が小型化してきていることもあります。

それでも、香港のキャセイパシフィック航空や、
シンガポール航空は、一日に2便~3便を
運行しています。

では、何が大きな問題なのかというと、
ロサンゼルス国際空港の施設です。
国際線用のトムブラッドリーターミナルは
経年化が進んで、現在の運用法に見合わない部分も
ありますし、キャパシティーも不十分。

それに加え、数年前に新築された
サンフランシスコ国際空港の国際線ターミナルは、
現代的な建築と、LAXの倍といわれる
ボーディングゲートの数など、
LAXと比べて大分優位に立っています。

LAXの座席提供数減少と相反して、
そのサンフランシスコ国際空港、
ラスベガス、ニューヨークの座席提供数は
増えているようです。

ニューヨークのJFK国際空港も、
ここ数年でターミナルの改修等が進んで、
今まで以上に利便性を追及しています。

西海岸、アメリカの玄関として君臨してきた
LAXが今後どのように進化してその地位を
保っていくか、見ものですね。
by uppersky | 2007-02-27 07:58 | 日々の一言
客室乗務員試験へ
新卒でも、既卒でもいま結構忙しく
受験対策をされていると思いますが、
特に新卒の方、受験経験の少ない方に
一言。

受験を自分中心で考えないことです。

自分中心で考えると、
面接官の目は自分に向いているとか、
履歴書等も隅から隅までみられる。。。と
大きな勘違いを生みます。

試験管・人事課の方の数と
受験者の数を比べてみてください。
受験者の数は何千~です。

自分中心になるわけが無いんです。

そう考えると、
少し心にも余裕が出て、本来の
すばらしい部分が出てくるように
なるんです。

受験で大切なこと、
「自分中心だと思わないこと!」です!
by uppersky | 2007-02-26 09:16 | 客室乗務員への道
パリ旅日記7 (凱旋門へ移動)
ものすごく典型的な観光ですが、
いいんです、パリは観光地ですから、
エッフェル塔も凱旋門も見なくちゃいかんです。。。。

さて、凱旋門は外から見るのも綺麗ですが、
上ってみるのがまた格別。

というわけで、
内部の螺旋階段です。
パリ旅日記7 (凱旋門へ移動)_f0059796_0291754.jpg

果てしないんですよ。。。。。

上に上れば凱旋門から星状に
伸びる道路と町並みのすばらしい景色が
広がります。

ちなみに、ぼくの名刺の裏の写真は
ここで撮影したシャンゼリゼ通りの写真です。。。

いやー綺麗な景色。
パリ旅日記7 (凱旋門へ移動)_f0059796_0294248.jpg

感動して気がつくこと、
また階段で降りる。。。。ああ、、

いい運動です。

パリに来るとよく歩くので健康によいです。
歩いているとそれはそれは美しい景色に
出会えるものです。
(まあ、犬のうんXには困ったものですがね。。。)

さて、次回、
二人はプランタンへ向かうのでした~
by uppersky | 2007-02-23 00:29 | 旅日記 パリ
ANAの特別塗装機
新聞等でご覧になった方も多いと思いますが、
ANAの中国就航20周年記念特別塗装機。

こちらをどうぞ

どうですか??
パンダです。

シャチに見えなくもないですが。。。。

どんな名前がつくんでしょうね?
「パンダジェット」とかものすごく安易ですね。。。。
でもそんな可能性ありますよね。

JALもANAも中国本土路線には力を
入れてますから、
サービスの向上もますます図られていくと
思います。
そして、いままでの状況から、
ANAが何かをすれば、JALも同じように。。。と
続いてゆくので、利用者にとってはうれしいですね。。。
by uppersky | 2007-02-22 22:43 | 日々の一言
エアラインランキングby地球の歩き方
ランキングはこちらです。

どうですか?皆さんはどうお感じになります??

こういうエアラインランキングを発表する雑誌ですとか、
機関というのは意外にも多くて、
海外にも何社もあります。

例えば、こちらのランキング
それとこちら

5星のエアラインは、
マレーシア航空・カタール航空・シンガポール航空
そしてキャセイパシフィック航空です。
ランキングではブリティッシュエアウェイズが一位ですねえ。
ヴァージンアトランティックは出てきてません。。。

どうですか?

欧米の方はじめ、海外の方の感じ方と
日本人の方の感じ方ってやっぱり大きく違ったりもして、
先ほどのランキングの4つ星えのエアラインには、
日本のランキングには出てこないエアラインもあります。

ぼくが感じるところ、
地球の歩き方のランキングでみられる日本人が
選んだランキングでは、大分イメージ先行かなあと。

ヴァージン・シンガポール・ANA・エミレイツなどは、
広告の効果などで、日本でのイメージ・名前の浸透率は
かなりのものですし、
イメージ先行型、しかも年間の利用回数がそこまで
多くない旅行者対象のアンケートかなあと感じます。

毎月何回も国際線を利用するビジネスマンの方の目と、
年に一回の観光の方の目とではやはり審査に差が
出てしまうのは仕方の無いことですから。

そんな中でも、シンガポール航空の力といいますか、
どこでも上位に顔を出してくる実力はすごいなあと
感じます。
やはり旅客に使っている経費も多いようですし、
客室乗務員の教育も、他のエアラインのように
ばらつきがあまり無く、一定のイメージをしっかりと
保つように教育されていますし。
その点はやはり評価できるものですね。

また、地球の歩き方のランキングでは、
ANAの躍進がすごいですね。
日本を代表するエアラインとして
台頭してきてますねえ~
by uppersky | 2007-02-21 00:33 | 日々の一言
CXアジアマイル入会キャンペーン
キャセイパシフィック航空のマイレージプログラム、
アジアマイルが日本限定のキャンペーンを
開始というお話。

こちらです

まあ、何でもキャンペーンというのは
ありがたいものですが、、、

いまさらこのボーナスマイルは。。。。って感じしません??

結構こういうことしてるエアラインも多いですし、、、

更に、アジアマイルの弱点は、
日本ではまだ提携のクレジットカードが無く、
(アメックスは別として)
日本在住だと、どうしても純粋に飛ばないと
マイルが貯められない点。。。。

そうなると、クレジットカードと提携している
UAやNW、JL、ANAへ気持ちが流れるのが
われわれ利用者の気持ちですね。。。。。。。

どこのマイレージプログラムも、
会員数が増えてきて、数年前より
内容が改悪されたり、
マイルが貯めにくく、使いにくく、
さらに上級会員の特典も減ってきたりと
なかなか利用者には辛い時代ではありますが、
まあ、あまり求めすぎずに、
ただ、無料ビジネスクラスへ向けて
細々と進んで行こうと思っております。。。。。
by uppersky | 2007-02-20 00:10 | 日々の一言
客室乗務員の英語力
再来年度の新卒の採用試験が開始されたり、
エミレイツ航空、ルフトハンザ航空等の外資系の
エアラインの募集が開始されたりと、
いろいろと客室乗務員を目指す方も
忙しくなってきていると思いますが、
その中で、英語力について今日はお話します。

客室乗務員というと、英語がしゃべれるという
一般的なイメージがありますが、
実際は英語力に自信の無い客室乗務員の
方も多いですし、
日系のエアラインなどでは、ネイティブの
方には通じないだろうという英語を話される方も
多いのが現状です。

では、英語力は必要ないの?なんて
質問も上がってきそうですが、
英語力は必要です。

あるにこしたことはないですし、
英語力、他の語学への知識や経験が
あればあるほど自分の魅力の一部に
なることが多いですから。

UpperSkyとして目指すのは、
出来る限りネイティブの方に
すんなり聞いていただけるような英語を
話せるようにすること。

残念ながら、日本人の英語はネイティブの方には
聞きにくい発音になりがち。

英語は英語で考える、
日本語は持ち出さない。

これが重要です。

もちろん長い年月がかかることなのですが、
英語に自信を持ち、ネイティブの方と
普通に会話が出来るようになると、
外資系エアラインの面接でも
今までよりもストレスを感じなくなると
思います。

特に新卒の方は勉強することが
多いと思いますが、英語も手を抜かずに!!
by uppersky | 2007-02-19 13:18 | 客室乗務員への道
バンコク新空港 スワナプーム
さて、もうニュースでご覧になった方も多いと思いますが、
バンコクの新空港が閉鎖されるかも知れないという
状況になってきています。

原因は、滑走路や誘導路上の亀裂や陥没。
それに加えて、ターミナルビルにも欠陥が
発覚したりとちょっと状況はよくありません。

これに対して、旧空港の
ドンムアン空港が再開されることは
正式に決定され、最悪の場合、
新空港を完全に閉鎖して、
旧空港を復活させるということに
なってしまうかもしれません。

新空港は、開港が延期され続けたものの、
工事は完璧でなかったようです。
また、ターミナルではトイレが少ない、
暗い、水漏れ等、半年も経たないうちから
問題が山積みになってきていました。

新空港を国際線、旧空港を国内線用とする
案もあるようですが、航空会社からは
乗り継ぎの不便さなどで反発があり、
それなら一回旧空港にすべてのフライトを
移すことがいいのではないかという案も
出てきているようです。

アジアの中でも空港整備が遅れていた
タイに華々しくOPENした空港だけに、
これからの行方が気になります。。。。
by uppersky | 2007-02-16 00:37 | 日々の一言
羽田空港第二ターミナル 
さて、今日、
羽田空港の第二ターミナル南ピアがオープン。

「なに?」と思われる方多いですよね。。。。

新しい第二ターミナルにANAが移動したことは
知ってらっしゃる方も多いと思いますが、
実はこの第二ターミナルは100%完成しているわけではなく、
南側の部分は手をつけずに北側と
メインターミナル部分がオープンしていたのです。

で、残っている部分の、南ピアが
完成し、6機分の新ゲートが完成。
これによって、バスを使わずに直接飛行機に
乗り込める割合が増え、バス移動などの
負担が軽減されます。

さてさて、この南ピアの脇には
現在の国際線ターミナルがあります。
このおかげで、南ピア(国内線用)に
駐機できる飛行機の数が減ってます。
要するに国際線ターミナルとそこに駐機する飛行機が
邪魔してるわけですが。
この国際線ターミナルももう数年もすると
新しいものに変わります。

新しい国際線ターミナルが出来るのが
昔ターミナルがあった、滑走路を挟んで反対側の
川崎側です。

このターミナルが出来て、
4本目の滑走路が出来ると、
羽田の再国際化が本格的に開始され、
現在の段階では、アジアをメインとした
路線が開設される予定です。

まあ、どうなるかは解りませんが、
これで、東京にも大都市らしい
24時間運用可能な国際空港が出来るわけです。

そうなるとビジネスの方も
観光の方も選択肢が広がって益々海外が
身近になることでしょう!!
by uppersky | 2007-02-14 23:17 | 日々の一言
トップ

元客室乗務員(現個人英会話教師)がお届けするブログです。
UPPER SKY公式サイト
http://www.upper-alliance.com/uppersky/
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
飲茶をいただき、広東を想う
from Boochanの宝探し
欧州最大の喫煙天国ドイツ..
from 専門家や海外ジャーナリストの..
スターフライヤー、羽田=..
from The Highest Sk..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
大空港
from DVDジャンル別リアルタイム..
香港国際空港ターミナル2
from TEPPEI 101
花より男子2・最終回のネ..
from 花より男子2・最終回のネタバ..
728207 Blog ..
from 728207 Blog Ve..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧